×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

和風雑貨とキリンのお店

  遊美屋+Asobiya+
1984年6月18日未熟児で生まれる。
1900gくらいらしい。

とっても愛らしかったであろうこと間違いない。

幼稚園卒園まで大阪は布施というところですご
す。

幼稚園のときは小さい男の子にいじめられていた
がそんなこんなでなんだかんだいっても、
それなりに楽しかったであろう。

なんせ初恋の相手は幼稚園の先生である。

ちなみに数年前にいじめられていた子を見かけた
ら小さいままだった、
今なら絶対俺が勝つね!!
その当時、園ではふれあい動物園なるイベントが
あり、
うさぎなどと気軽にコミュニケーションがどれる
といったものなのですが、

私はニシキヘビを首に巻いておりました。

そんなこんなで小学校時代はみるみる体重を増や
し(どんなこんなだ。)ぜい肉のカタマリと言わ
れる
基本そんなこと言われようが、良き友がいたので
何の苦でもなかったが、すごくキレやすいタイプ
で喧嘩は良くしていた(負けますけどね!!)こ
のころ、書道に水泳にバスケットに学研にいろい
ろ習い事をしていた。

そして、中学時代野球部に所属し青い春を過ご
す。
激しい部活動で激やせドラえもん体型からスネ夫
体型へ。
おいたをする部員がいて何度も休部になり、ある
日廃部の危機が訪れて野球ができなくなるのが嫌
で本気で泣いてしまったことがある。まぁ、結局
廃部にはならなかったのだが、その後卒業間際に
肩を壊し、まともにボールを投げることができな
くなる。

高校はそんなこともあり、CIP部(パソコン部)に
所属、イラストなどを製作していたが、大半の時
間を友達の横に座ってしゃべるという時間に費や
す。おしゃべり力が付いたのはこの頃である。初
恋や文化祭を主だってやったりいろんな経験をす
る。眉毛のない先生や幸せ太りのスナイパーにPC
操作をノウハウを学ぶ(情報科学科卒業)

大学に指定校推薦でいとも簡単に入学、大阪国際
大学心理コミュニケーション学科である。
1年のゼミからゼミ代表をしはじめてのお題は
「志村けんについて」である。3年のときその1
年の時のゼミの先生のゼミに入る。無条件でゼミ
に入るかわりにゼミ代表をすることになる。志村
けんに始まり、卒論はバラエティ番組が心に及ぼ
す影響的な発表をする。ちなみに部活はアコース
ティックギター部に所属し、学祭などで歌ってい
た。次第に部長になり、地域のラジオ番組などに
もでる、このとき当時組んでいた子と“マット
キ”というユニット名にされる。ユニットという
か、むしろコンビである、部活でも基本お笑い担
当だったのである。

就職活動は基本楽しくてしかたなかった。面接官
の反応を見るのが楽しくて“こういったらどうか
えしてくるんだろう??”みたいな楽しみがとど
まるところを知らなかった。放送局から始まり、
メガネ屋や100円ショップなどを受けたが実際
に勤めた所が

  着物屋である。和が好きだったから。

そのときに思ったことは、「三年社会人をしたら
何か好きなことをしよう」ということだった。
入社前7日間はまさに地獄。連日テストの詰め込
み詰め込みであったが、仲間がいたからがんばれ
た。
ちなみに配属は山梨県、正直最初はどこのことか
さっぱりわからず、辞令を頂いた時、キョトンと
していて上司に「なんだ?いやなのか??」とい
われた。

ここから1年は暗黒時代であった。店長は色々教
えようとして頂いたりと、今思えばかなりお世話
になりましたが、当時は直の先輩が嫌で嫌で、着
物を売ることがどういうことかという真実を目の
当たりにしたりいろいろと弱い部分があり、社会
の現実を知り、その中でも山梨での友達のいない
一人暮らしがたたり、いろいろ病んでしまった時
期であった。しかし、いろいろ心配してくれる友
達ができ、パートのおばちゃんも山梨のおかんと
呼べるくらい親しくなり、お客様のささえもあ
り、なんとか続けていた。しかしこのころからで
ある。学生の時から赴くようになった中崎町。た
まの連休で行く中崎町。日々の仕事で取り扱う和
小物。


雑貨屋がしたいと思い始める。

正直なところ、もう限界であった私は「人生に一
度のわがままだ」と心に決めて、同時に雑貨屋を
すべく着物屋を退社することになる。



その後、資金集めのためにと思いリサイクルショップ
にご縁あって入社するが、一年の間にすったもんだが
あり、入社して4ヶ月で異動になったり、戻された
り、部署を異動し、トラックを運転したり、催事を担
当したり、またお店に戻るも2週間で、別店の店長代
理になり、、とあれよあれよというまに、まさかの場
所まで行く。ちなみに店長代理という肩書きではある
が、誰の代理か分からないという変なポジションであ
った。ですが、それもこれも良い経験になりました。

そして、2010年7月2年間のリサイクルショップ
店員を経て、この会社にいては準備する時間が持てな
い!!と一念発起して退社。

それからというもの、奇跡的な幸運続きと周りの皆さ
んの支えにより、あれよあれよという間に店舗が決ま
り。ここからがスタートだ!!

と雑貨屋を初めて早1年がたつ。何とかかんとか一年
間の流れをつかむ中で、たくさんのお客様作家さんた
ちと出会い、より一層雑貨屋という職業が楽しくなっ
てきて、幾人か遊美屋に通ってくれるお客さまも増
え、いつかどこかでどっかのオーナーさんが言ってた
「続ければ続けるほど止めれなくなりますよ。」の意
味が少しずつ分かってきた気がする。2年目も元気い
っぱい全力でバカなことをしていこうと思います。だ
ってそれが僕の仕事だもの。遊美屋第2章の始まりで
ある。






レイリー!俺はやるぞ!!


海賊王に!


 俺はなる!!(違
                        
                  終わり 
(2012年1月21日)